料金の変更の時期 その4

新潟のサロンマーケティングプロモーター
サマンサハート高橋です。

絞り込みが出来てくると、お客様が買いやすい
そして納得できる料金の基準が出来上がり
サロンさんも料金改定が進めやすくなります。

本音をいえば「安くてもしょうがないか」と
お客様がどこかでふと思っているんだろうな・・・・とか、
私は安ければ安いなりのそんな仕事はしたくない
というのがサロンさんの本音でしょう。

でも、それに見合ったように技術や提供時間が
全体的に料金システムに反映されていて、
お客様の感動を呼ぶものになっていない・・・・

そんな風に感じることがあると自分の気持ちだけを反映させた料金設定に
なかなかできません。

サロンさんは「悪かろう、安かろうでも良い」と思っているわけではなく
安ければなんでもいい、というその場限りのお客様を集めたいのではなく
かといって金額も普通、技術も普通なポジションにいたいのではなくって
と、ご相談に来られます。

そこには、
料金は高めでも良いので満足度の高い施術や接客にもこだわりたい
というお客様のお声を受け取っているサロンさんの心理が
見受けられます。

でも、ここで私からはツッコミを入れてお話を進めます。

それは超高級サロンでネームバリューのある技術や商品に
つられてやってくるお客様がほしいのか?
と問うところです。

上級のお客様の設定も決めておくことは大切です。

安く設定することも、高かったとしても、
高級でも、ナチュラルでも、
それがいいと何人ものお客様が価値を認めてれるのが、
サロンコンセプトです。

このサロンコンセプトから、
もっともっととびっきりのお客様が広がって行きます。

だからこそ絞り込むことで、いろいろなことが明確になってきます。

来てほしい、価値を理解できる、お客様がリピーターになってくれる
為の料金の改定を行うのです。

ここまではっきりしてくると、
来てほしいお客様を思い浮かべることができるのでだいたいの客単価が見えてきます。
料金の改定は、客単価アップにも繋がって行きます。

女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000