料金の変更の時期 その3

新潟のサロンマーケティングプロモーター
サマンサハート高橋です。

お客様の求めるものが違うので、
全てのお客様に対応しないことでご来店いただきたいお客様を中心に
サロン経営が考えられるとお話しました。

その中で料金について設定するのは集中した活動を行うためです。

大きな設定として、

性別や年齢、

住んでいる地域、

などがあります。

さらに詳細を決めていきます。

サロンさんは、ここまで来ると
別に詳細なんていいじゃない!とおっしゃいます。
全てのお客様に対応できる技術を持っているので、
最終的にはお客様はどなたでも受け入れることが出来るわけです。

ただし、料金の変更をかんがえるとなると一大決心です。
だからこそ、詳細まで決定するように心を尽くしてメニュー料金の改定を
自信を持ってやってほしいのです。

もしかしたら、今までのお客様を失うかもしれません。
サロンさんなら、
お客様に「もう来店しない」なんて言われることを望んで
料金の変更を行っているわけではないので、順序良く進みたいのです。

サロンにとって重要な料金のこと、

「とりあえず・・・・」作ると

「とりあえず・・・・」のお客様がご来店しますよ。

だから、変更の手順を進んでいきましょう。
集中して「お客様がこれからも利用したいサロンであること」を
まずはサロンが理解するのです。

・どんなお客様に一番ご来店頂きたいですか?

・そのお客様は、どのくらいお買い物をしますか?

・そのお客様は、どのくらいに1回のご来店でしょうか?

・そのお客様は、貴方の技術やデザインのどんなところが好きと言ってくださいますか?

・そのお客様は、どの時間帯にいつもご来店されますか?

ここまで絞って考えると、

・お客様が買いやすい納得できる料金

になり、サロンも勧めやすくなります。

女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000