料金の変更の時期 その2

新潟のサロンマーケティングプロモーター
サマンサハート高橋です。

料金の改定は、サロンを開業した当時は、
「高い金額はまだまだ私はいただけるほど自信がないし、
安いほうがお客様のお財布にも優しいし。」
など、自分で納得をしたうえで料金を決定したはずです。

しかし、サロンを運営していくほど
どんどんとかかる経費や思うほど伸びない売上を見ると、

これでは自分の仕事量と見合った料金を
もらっていないのではないかと
自分の仕事を疑ってしまうのです。

このままの状態がサロン経営として満足したものに
ならないのであれば、
「今までの料金の見直しをしたい」となってきます。
どのように、料金を決めたらいいのでしょうか?

ここで、サロンの料金には大きく2つのポイントがあります。

1.サロンのとびっきりいいところが見える料金設定
になっているか(ブランドと料金の関係)

2.サロンから提案できる料金設定
になっているか(リピートと料金の関係)
例えば、一つ目のサロンのとびっきりいいところが
見える料金設定を考えた場合、
最初の設定のお客様のお財布にも優しい料金とは、
どんなお客様に優しい料金設定なのかということです。
特に「どんなお客様がメインターゲットか?」と考えます。

1ヶ月に1回毎月来店しているお客様に
ご来店いただきたいのか、
もしくは毎月1回ご来店させるお客様ではなく
来店までの期間は長くてもしっかりと
きれいにしてほしいお客様なのか?

お客様の求めるものが違うので、
全てのお客様に当てはまる料金は存在しないと考えていただきます。

すると、すべてのお客様ではないとすれば
ご来店いただきたいお客様を中心に設定していくことができます。

学生ならば、大学・専門学校なのか、
バイトしているのかしていないのかなどを考えていきます。

女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000