オープンなのにチラシができていないw

サロンのオープンを一週間後に控え、

「まだ、チラシができていないんです!!」
と訴えるようにサロンオーナーから言われました。

自分で考えていると
文章が盛りだくさんになって、
これではだれもオープンチラシと言えども
読んでくださる方がいないのではないかと
悩むのだそうです。

このサロンオーナーからのチラシを作る時の質問は
このような質問でした。

Q、チラシに長い文章はいらないですよね?

A、オープンのチラシも場合は長い文章は
5行程度のものをひと枠あればいいと思います。
まずはオープンをお知らせすることが大切です。

Q、だったら、オープンチラシで何をいれるといいですか?
もう、準備に追われて訳がわかんなくて。

A、オープンすることがわかるように美容室オープンと
大きく書くことです。
「あ!サロンがオープンしたんだ!」とわかる
チラシにします。
オープンを伝えることを決めて、それと一緒にサロンイメージも
考えます。

Q、写真も必要ですよね?

A、写真は外からお店の入り口を映したものと、
店内の様子を入れます。
地図は必ず!
オーナーさんは一人で営業するんですか?
スタッフさんは?

(スタッフは入れません、1人でします)

なのであれば、サロンオーナーの写真も載せます。

Q、サロンをやめると務めていたサロンに話した時、
カルテを持って行っちゃいけない(もちろんメモもダメ)、
やめる前から自分のサロンオープンの話をしちゃいけない、
お客様にDMを出しちゃいけないって言われました。

A、ダメって言われたらやらないことです。
個人情報の関係でもやってはいけないことですしね。

ではどうやって、集客をするかですが、
チラシを活用していきます。
活用については後程、お話しします。
まずは、サロンのオープンチラシをきちんと考えましょう。

と、お伝えしました。
ぎりぎりでもう間に合わないとか、
どうしたらいいのか分からないとか、
大事なチラシなのに考えつくせないなど、
営業できるチラシについて、作成・相談させていただいています。


女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000