ステップ5 集客につながる魅力的なメニュータイトルをつける

新潟の女性集客マーケティングプロモーター、
サマンサハート高橋です(o^∇^o)


【お知らせ】

**************************

サロン運営をしている女性、
またはこれからサロンをはじめようとしている女性、
そしてサロンを大きく発展させたい女性への
サロンの集客について
1週間ブログセミナーをお送りしています。

★一週間限定のサロン集客プログラム ブログセミナー

https://samanthaheart.amebaownd.com/

↑ コチラをクリックして今までの4回のブログを選択できます。


**************************

ステップ【5】

集客につながる魅力的な
メニュータイトルをつける

**************************

ちょっと休憩が入りましたが、
今回はステップ5という事で

『集客につながる魅力的なメニュータイトルをつける』

お話を進めさせていただきます。

「え。メニュータイトルをつけることって、
集客なの?!」というイメージかと
思われるかもしれませんが、
サロン集客の具体的活動に入っていく感じですね。

メニュータイトルを決めるポイントは

1、どんなお客様にやっていただきたいメニューなのか

2、そのお客様が施術を行うとどんなメリットがあるのか

を、明確にしていくことです。

それには書くのが1番!
とってもアナログですが、
メモ書きでもいいので、
1、と2、のポイントをペンをつかって書き出してみましょう。

初めに書き出してもらいたいのが、
「どんなお客様にメニューを受けていただきたいのか」
です。

ペンを持ち、考え始めると
どんどんとお客様のことを思い出し、
いろいろなお客様に施術していただきたいと思うことでしょう。

そこから、一番喜んでもらいたいお客様を
ハッキリさせましょう!

それが、初段階のターゲット層です。
できるだけ細かい設定をします。
大勢に向けてメニュータイトルを考えると
ありふれたメニュータイトルになりがちです。
それってあなたの「サロンブランド力」が薄くなるってことです。
これがーーーーぁ、集客にすごく響くんです。

見つけてもらいづらくなるから!!!

例えば、

美容室なら、「しっかり染まるグレイカラーメニュー」
アロマサロンなら、「アロマをセレクトしたリラクゼーションメニュー」
エステサロンなら、「至福のトータルプロポーションメニュー」
などです。
どこかで聞いたことがあるメニュータイトルですよね。

きっと、名付けているサロンさんも、
他がやっている方いいのかも!なんて
考えて、メニューにしているのでしょう。

これでは差別化に繋がらず、
集客力が下がるのです。

ここで、お気づきになったと思います。
集客力が下がる理由は、他と同じだから(。-人-。)
WEBで調べていただくとわかると思うのですが、
意外と売れているサロンさんは
メニュータイトルを工夫しています。

早速、来店してほしいお客様に
伝えるためのメニューを考えてみましょう。

ヒントは、
お客様をイメージしてメモなど、
紙に書き出してみることです。
初めからネットで調べないでくださいね!

迷ったときは、いつでもご相談ください(* ̄O ̄)ノ


**************************************

【お知らせ】

こうなりたい」と言いながら
人と出会おうとしない
本を読もうとしない
好きな分野を深堀しようとしない
勉強をしようとしない、のは、やっぱり・・・・
「こうなりたい」ということに対して
いままで本気の度合いが少なかったから、
じゃないかと思うのです。

きつい言い方になっていたら、ごめんなさい。
「別に、〇〇さんみたいになりたいわけじゃないしね」
「どうせ、〇〇だし、無理なのかな」

なんて、思っているサロンさんへ。
ステップアップのチャンスです。
ぎりぎりで声をかけていただいた方がいましたので、
講座へお誘いしています!!

□新潟と燕の2ヶ所で、「売上アップゼミ」を開催します。

 ↑ ご案内はコチラをクリック!
年間契約でのお申込みで、DVDをプレゼントしています。

相談窓口もありますので、ご連絡くださいね。

⇒ http://www.samanthaheart.com/contact/

**************************************

女性サロンマーケティングトレーナー サマンサハート|新潟県

「お客様を豊かに笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングを活用し運営を持続させ、さらにレシピで集客・客単価アップのサロン経営を目指していきます。 本当に大切なのはあなたらしく輝き、サロン経営を持続させていくこと。

0コメント

  • 1000 / 1000