「ほしい!」と言われる商品紹介について

マンネリ化してしまうサロンキャンペーンについてのお話しです。

こんにちは!
新潟の女性集客マーケティングプロモーター、
サマンサハート高橋です。

〇〇をするサロンキャンペーンは年に〇回の現状

サロンさんはキャンペーンを年に数回開催します。
その時、キャンペーン内容は割引がほとんど。
「20%OFF!」など、お客様が払う料金を安くするやり方です。
割引をするサロンキャンペーンは年に約3回が現状のようです。
お客様にとって割引は、ありがたい話です。

ですが、サロンさんは、この割引キャンペーンを
本当はやりたくないと思っていますよね。
自店が得をすると思えないからです。 

一度、「キャンペーン=割引」という図式を
あたまからなくしてみませんか?

本来、キャンペーンは「強化期間」のこと。
商品やサービスを紹介することによって、
いつも売れている数字より成果が出るのがキャンペーンです。
だって、強化したのですから。

キャンペーンで損をしてしまった結果の数字

こんな ↓ 結果はNGなんです。
いつもは100本売れる商品が
今回は20%OFFしたから、120本売れた!!
これは、強化した結果が出ていないことになります。
実は120本ではなく、127本以上売るとサロンは損をしないで
販売できたことになります。

そして、今までサロンさんは、
キャンペーンで120本売れなかったとしても、
しょうがないね、と損したことをそのままうやむやにしていました。
なのでいつも間にか、キャンペーンって「損をして売る期間」という
イメージまでついてしまいました。

例えば、サロン全体で先程の事例で80本しか売れなかったとしたら、
オーナーさんは、スタッフさんに対して
「こいつら、やる気がないのか?」と思ってしまう時もあります。

だって、強化したのですから。
本当は感謝をこめて販売したいですね!!


大事なのは商品やメニューを強化すること

キャンペーンでの売り物は、商品やメニューにすることで
割り引くことを強化する必要がなくなり、
伝えることが大切になってきます。

そこでキャンペーンの組立が必要となります。
・期間
・来て欲しい人
・売りたいメニューや商品
・その商品やメニューはどのようにお客様に役にたつのか
・そのお客様だからこそのおすすめポイント
・お客様にどうなってもらいたいのか
・どんな順番でお知らせをするのか
・店内のイメージをどのようにするのか
・スタッフにはどのように会話をしてもらうのか
など、割引以外のことを組立てしていきます。

 ↑ 上記リストにはお客様から「欲しい」と言われる商品の紹介方法も
考えることが含まれます。
ぜひ、商品やサービスの良さを考えたら、
その結果は、POPなどで書着ましょうね!
それによって、お客様からへ強化している商品のアプローチが
スムーズになります。
手書きだったりすると、アプローチ方法をスタッフさんが
工夫してくれます。
見やすいように壁に貼ったり、
ドリンクサービスと一緒にお知らせシートを渡したり、
ブログに書いたりとみんなで強化する活動へと進化します。

商会の方法が変わるんですね!!

こんなことをスタッフみんなで考えたり、POPなどを作成したりすると、
ミーティングがワクワク!!になって盛り上がってきます。

キャンペーンを強化することが、
必然的にスタッフも頑張れるキャンペーンへと変化しますね


*******************************************************

来月 2/21(火) は、

「これからの時代に必要な私ブランドの育て方」
講座開催です!!







女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000