スタイリストにとっての大切な3つのこと

サロンオーナーさんから、スタッフさんへ伝えていますか?
売れているスタイリストが持っている大切な3つのことがあります。

スタイリストにとっての大切な3つのことの1つ目

当社においでくださる営業マンでとってもマメな方がいらっしゃいます。

先日もホワイトデーを、事務所までお越しくださいまして、
プレゼントをいただいてしまいました。

「ここが違うんだな!すごい!」と感じたのが、
始めたばかりのネイルサロンのためにと
キャンディーと一緒にバラのついた、ペンをプレゼントいただいたことです。

よくマメな男性は女性にもてると言いますが
ビジネスの世界でも同じことがあるのだと感じました。

スタイリストさんも同じで、
来店したお客様とのお話を覚えていて
後で、DMなどでフォローを入れています。

小さな約束を守る方も多いです。
新しくできたケーキ屋さんの場所についてわからないと伝える、と、
きちんと地図を書いてくださったり本当にマメです。

シャンプーのやり方なども、お客様に伝えて、メモをお渡ししたりします。
施術をしたら、あとは気に入ってもらうのを待つだけ、と
思うのがスタイリスト。

一方で、これは仕事だからと受け身ではなく
積極的に自分からお客様に声をかけていくスタイリストさんがいます。
かける声のすべてがお客様にとっての必要な情報となるのですね!!!

スタイリストにとっての大切な3つのことの2つ目

まっすぐさ。

この言葉は、最近、私の周りはよい言葉として受け止められていません。
どちらかというと、一方向しかみえない、
また周りに気を使わない、そこしか見えない。など、
状況判断ができていない様子を言っています。

以前、私も営業時代には同じことしかやっていませんでした。

それなのに、サロンオーナーがお客様のためにできることがあるのは
今までずっと髪に携わってきたから。

これは「お客様の髪をきれいにしたい」という気持ちを
自分から伝え続けていることです。
まっすぐなことです。

新人スタイリストがこれから入社するサロンさんも
5.6月くらいになると、もっとお客様に気を使うことを気にしなさいと、
伝える時期がやってきます。

しつこくしない配慮はいりますが、
新人さんにも、新しいネタを準備してあげて
「お客様の髪をきれいにしたい」という気持ちを
伝え続ける環境をオーナーさんが作っていくのですね。

スタイリストにとって大切なこと3つ目

3つの話の最後です。

売れているスタイリストが持っている3つのことの3つ目は、前向きであること。

お客様との店内コミュニケーションでもっとも気を付けなければいけないことが、
一つあります。
それは受け身になりすぎないこと。
スタイリストさんによくお話をしている言葉があります。
『スタイリストは、女性の髪をきれいにすることで、
お客様の毎日の生活を素敵にするお仕事です』

それはエステサロンさんでも、
『フェイシャルをすることで、お客様のお肌からつながり
毎日のメイクアップを美しくしたり、人生を若々しくするお仕事です』となり
一緒です。

当社のネイリストにも
『指先を美しく彩ることは、女性の所作をさらに女性らしく
お仕事をグレードアップさせるお仕事です』

お客様と一緒に悩みを解決していく、
その方のステージアップのお手伝いをする、
生活や環境を整えていく・・・・
スタイリストならば、プロとして、前向きな姿勢はいつも必要となります。

そこで、スタッフさんのコミュニケーション力を上げて、
前向きにするための方法です。

コミュニケーションカルテを付けること。
その日にあったお客様との会話や行動をつづっていきます。
些細なことでも、自分に自信を持つことなのです!


この3つは、サロンの入社式でもお話ししていただいています。



女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000