お客様が遅刻する理由

待ち合わせで5分間待たされた時、
「たとえ5分でも遅れるんなら連絡くらいしてよ!失礼な」と
思ったことはありませんか?

あなたが自動車の運転をしていて通行の邪魔になっている歩行者を
「邪魔よ、どいて」と思ったことはありませんか?

以前から私は、運転中の車の窓からたばこのポイ捨てをしている人を見ると、
その捨てられた煙草を拾って
「落としましたよ」と言いに行きたいと思っています。

立場が変わると考え方や思いが変わってしまう

マーケティングに置き換えると、
「自分が買い手のとき」と「自分が売り手のとき」で
お客様の立場を感じることができます。

自分がサロンである時とお客様でいる時では、
全く感じ方、考え方が変わってしまうということです。

先ほどのような場面で考えると認識の違いも視野に入ってきます。
友達どうして待ち合わせなら連絡してよ、となりますが
サロンのご来店のお客様がご予約に遅刻するときは、
「待っていてくれるから少しくらいいいか、忙しかったし」と思いますよね。

お客様としては当たり前のこと。

サロン営業の手順を狂わすのか

「遅くなるんだったら施術の順番とか替えることができるのに」
どちらも正論です。

そこをサロン営業ではスタッフへの教育にもつながり
顧客心理を知る上でもとても重要になります。
それはある程度の時間をお店に拘束するから考えられることです。
気持ちよくお客様の遅刻を認めてもらうには、
サロンからの声掛けが重要です。

スタッフの行動、言葉でお客様の気持ちは徐々に変化をしていってるからです。
満足度の高い店舗やサロンは、自分たちの持てる資源を最大限有効に活用して、
お客様の立場に近づく活動を日々しています。
お客様の立場に立つことは単純ですが、難しい部分があります。
ですが単純な解決策があります。

お客様とサロンの売り(強み)を知ること

お客様に遅刻しないでご来店いただくには、
サロンのミーティングで
・新規で来て欲しいお客様の事
・お客様に伝えたいサロンの事
・来店しやすい雰囲気はどのようにして作るのか
などを明確にさせていくことが必要です。

遅刻するのがもったいないほどのサロンの魅力を見せましょう。
そのためにお客様や自店の強みを知り、
それを基に活動計画を立て実行していきます。

お客様の当り前のご来店は一夜にしてならず。
計画的な集客活動と、効果的な広報宣伝活動がポイントです。

そして、サロン全体で取り組んでいくことが必要なのです。


女性サロン集客・客単価アップコンサル サマンサハート|新潟県

「お客様を美しく笑顔にする」その気持ちがあれば大丈夫! 「いいもの提供しているはずなのに、なんだか売上が上がらない!」というサロンの悩み、あとは任せて! サマンサハートはサロンと一緒に動くサロンtoチームスタイル。 マーケティングでサロン集客・客単価アップを丸ごとサポートしています。

0コメント

  • 1000 / 1000